2006年2月 4日 (土)

IH調理器/テスコムのTIH202M

なぜこの大魔王がこんな調理器具を買う気になったか???
「焙煎狂高山珈琲院研究所」なるインチキな珈琲屋のオヤジになったからにほかなりません。
この珈琲屋については当Siteの【CoffeeBreak】をご参照ください。
そのオヤジ、いえ、この大魔王はですね、たかだか・・・
Coffeeをハンドドリップするための「ちっちゃなドリップポット」を二つも買い込み、
それらを格好良く沸かすためのプレートを探していたのです。
さんざん探した結果、辿り着いたのが、「テスコム」というブランド。
まあ、聞いたことも見たこともありますが、家電を買うなら「テスコム!!」とか言う人なんていませんよね。
それでもこのブランド、調理器具やドライヤーのようなものは良き物をたくさん出しております。
信頼性は高いようです。
そして僕がこれにひっかかったpoint!!
「メタル調ボディーでインテリアにもピッタリ!!」というコピー文句。これです!
インテリアにも○○○・・・とか、○○調とか言う文句には決して騙されない自信があるほうなのですが、
「メタル」の文字がまずかった。「調」がついたとしても、「メタル」の文字に目を奪われ、
光り輝くステンレスのようなそのフォルムにすっかり魅せられてしまいました。
そして即、購入!!!即、納品!!
珍しくスペックにこだわらなかった自分が不憫でなりません(^_^;)
「で、でかい!!でかすぎる!!!」
あらためて商品広告を見れば、自慢げに「直径30センチの大型プレート」と書いてあるではありませんか。
僕が勝手にイメージしていたものとはかけ離れたジャンボサイズでした。
だって、僕が乗せるのは「ちっちゃな、ちっちゃなただのヤカン」ですよ。
しかも、二つのうち、一つのドリップポットはIH対応じゃないし・・・
キッチンの鍋類もほとんどがIH対応じゃないし・・・
ほんとにほんとに大失敗な買い物でした。これぞ無駄遣い!!
だがしかし・・・
この商品自体がNGであるかというと・・・
そんなことはまったくありません。言い訳がましいですけど(^_^;)
まずは素早い!あっという間にお湯が沸きます。
薄型で、しかも余熱を保つことが無いので、こいつをどかさずとも、この上にじゃんじゃん物を置けます。転倒落下の心配無用!
その反面、余熱がすぐに消滅してしまうので、IH対応でないガラスのコーヒードリッパーなどを保温しておこうか、などと思っても、まったく役をなしません。
これから僕はこいつのために、IH対応のものを増やしてあげるのでしょうか・・・・
【今回の無駄遣い指数・・・90%】
久々に高い、この数字!
じつはコーヒードリップ専用のあの長く細い口がついた電気式のヤカンがあったのです。
これを買ったあと、発見しました。そっちのほうがはるかに格好良く・・・・
今回、負けを認めざるを得ません(;_;)

続きを読む "IH調理器/テスコムのTIH202M"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

ソーダサイフォン

【ソーダサイフォン】
師匠の川津祐介さんのお宅に伺うと、
必ず、まず一杯出してくださるのが、
自家製ソーダ水。
レモンやオレンジなどをつぶしてミックスしてくださり、
とても美味しいWelcomeDrinkとなります。
その際、冷蔵庫から取り出されるソーダサイフォンの格好いいこと!
氷と果汁を入れたグラスに向けてソーダサイフォンのレバーを握ると、
「シュバー!!」っと自家製ソーダが満たされます。
この一連のパフォーマンスと味に魅了され・・・
大魔王魂がうずかないわけはありません。
でも・・・
「これは川津家での楽しみだから」と一年近く我慢していたのです。
しかし、やっぱり我慢できるわけありません。
この夏、ついに買ってしまいました。
本体【デラックスステンレス・ソーダサイフォン】
定価・¥17,000→¥14,280
【日本炭酸瓦斯のソーダサイフォン専用カートリッジ10本入り】
定価・¥1,200→¥960
本体は、上記のほかに、定価¥10,000のものもあります。
いずれも1リットルの水にガスカートリッジ1本でソーダができますので、
自家製ソーダが¥100と水代のみでできます。
試しにウーロン茶を水代わりに入れてみましたが、
ホップの弱い、ノンアルコールビールのようなものになりました。
ビールのかわりになるとは言えませんが、暑い夏場はちょっと重宝しました。
ノンガスの水よりもコンガスの水を好んで買われている方にはお薦めの逸品です。
これのお陰で、安心して、がぶ飲みできるようになりました。
おっと・・・
忘れてはいけない説明がありました。
飲み干したあと、またカートリッジを装填して、
タンクの中にガスを充填するのですが、この作業がたまりません!
ジュジュボボ、ジュジュボボという低いうなり音が耳に心地よいのです。
ライフルに弾を装填するような指の動きに、この音。
大魔王のお仲間なら、一度やったら病みつきになると思います。
それから、炭酸水は疲労回復、便通回復に効き、身体も暖めてくれるそうです。
我が家でぜひお試しくださいませ!

【デラックスステンレス・ソーダサイフォン】
定価・¥17,000→¥14,280
【日本炭酸瓦斯のソーダサイフォン専用カートリッジ10本入り】
定価・¥1,200→¥960
【購入先】フィールズブランド

人気NO.1 動画サービス デラックスステンレス・ソーダサイフォン

【今回の無駄使い指数/0%】(なんと後悔なしのお買い物!ってことです)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

【FoodSaver・家庭用真空パックマシーン】

【FoodSaver・家庭用真空パックマシーン】


このあいだ、地方ロケに出かけておりまして・・
酔っぱらって寝てしまい・・・
朝方、3:00に目が覚めて・・・
つけっぱなしのTVにテレビショッピングが流れておりました。
こんな時、あなたならどうしますか??
寝直すか、このままテレビを見続けて、朝風呂に入るか、
寝坊できない出張の場合、迷った経験はありませんか?
僕はよくこのジャッジを迫られます。
疲れがたまっていない場合は、たいていNewsを見続けます。
そして同じNewsを見飽きたら、TVショッピングを見たりします。
この出張もそうでした。
うっかり目に留めた「フードセーバー」
「そうそう、これこれ!!」
これが欲しかったのです。
まだ夜も明けない早朝に、すかさず電話。
そっけないオペレーターの会話に、鼻息あらく注文している姿はこっけいでしょうね。
とにもかくにも、こいつをゲットしました。
そうそう・・
なぜに興奮していたかと言うとですね。
以前から真空パックができる機械を探していたのです。
目的は・・
自家焙煎した珈琲豆を人にあげる際のパッキング。
真剣にネット検索をした時期があったのですが、
業務用のバカでかい物しかひっかからなかったので、
あきらめつつあったところなのです。
そこで、この番組でしょ。
朝の3時に鼻息も荒くなるもんです。

【Impression】
◆良い!ものすごく良い!
ばっちり真空加工ができます。
◆以前に同じテレフォンショッピングで買った「ユーロシーラー」とかいう、ホチキスみたいな袋とめ機はまったく使い物になりませんでしたが、これはばっちりとまります。
つまり、食べかけのお菓子袋なんかをシールするものです。
このフードセーバーは、真空にしないまま、袋をとじるだけの機能もあります。
◆ランニングコストがちょっと高い。専用のビニールロールを追加注文した場合、約10メートルで4,200円。これに送料が1,000円。
要するに20センチくらい(幅は固定で28センチ)の袋を50個作って、5,200円。一袋104円くらいになる計算です。
しかし、定期購入契約みたいなものを一緒に注文すると3,360円だかなんかで、
送料もゼロだとか。これを注文しない手はありません。これで一袋67円くらい。
これでも高いですか??高いですよね。これは僕も失敗したなと思いました。
別にテレフォンショッピングの回し者ではありませんが、僕の言い訳としては・・
家で使う冷凍ものならば、何度でも使えるということです。食洗機で洗ってもいいそうです。
◆真空時の作動音が大きい。結構気になります。でも時間はほんの数秒ですから我慢、我慢。
◆専用のパックロールは長さを自由に決められるので、長〜い物も真空パックできます。
同様に極少の袋も作れますので、定形外郵便で送る場合など、かさばる物を真空パックして圧縮すると良いかと思います。
◆これを台所の奥さん専用の物と思ったら、大間違い。男の立派な便利グッズです(言い訳(^_^;))
【FoodSaver・家庭用真空パックマシーン】
専用パックロールが二本付いたフードセーバーセット/¥24,000(税込み・送料別)
年会費・送料など込みで・・合計¥27,445

【購入先】ショップジャパン

【今回の無駄使い指数/50%】
(物に対しては満足ですから0%の無駄遣い指数をあげたいのですが、
テレフォンオペレーターの口車に乗って、専用パックロールの定期購入契約。
これは100歩譲って良しとして・・
さらに会員になると、それが少し安くなるとか言われ、計算もせずに会員に。
そして、今、ネット検索したら、楽天でも扱いがあるじゃないですか〜!!
これは大魔王としては大失態!!大いなる反省です。皆さん、購入は楽天で)

商品詳細はこちら→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

グローバルのパン切り包丁G-9

ホームベーカリーに絶対必要なもの!!
この数ヶ月、我が家はホームベーカリーブームです。
ホームベーカリーが誕生したばかりの頃に味わった美味しくないパンの記憶。
この大昔の記憶をもとに、自家製パンを毛嫌いするヤツはどこのどいつだ〜い???
「あたしだよっ!!」
そうです。大昔、僕は母が作ってくれたパンを美味しいと思ったことはあるのですが、
それほどに感動した記憶はありません。
そればかりか、母はその面倒な作業に飽きたのか、すぐに自家製パン作りをやめてしまいました。
それゆえにキッチン家電好きな僕もホームベーカリーには興味を持ちませんでした。
しかし、カミサンの「欲しい」の一言を信じ、疑心暗鬼ながら、数ヶ月前に購入してみたところ・・
「美味い!!!!!」
焼きたてパンのなんと、美味いことか!
こんなことなら、もっと早くに購入すべきだった。
それ以来、我が家の米消費が極端に減り、その代わりに増えたのが小麦の消費量。
食品購入時に小麦粉、ドライイースト、クルミは欠かせません。
1万円くらいの投資で買える焼きたてパン!
本当に素晴らしいです。
どうです?明日からホームベーカリー、やってみたくなりましたか??
そこで、提案です。
焼きたてパンをスライスする場合、絶対に必要なのが、「よく切れるパン切り包丁」
これは絶対に必要です。
まわりがこんがり、カリカリに焼けたパンでも、中身はフワフワ。
アツアツの一斤を押さえてスライスするのは容易ではありません。
切れ味の悪いパン切り包丁で切ろうとすると、パンがつぶれます。
しかし、僕が買ったパン切り包丁(グローバルのパン切り包丁G-9)は面白いように切れます。
厚さ二ミリ程度までも可能です。。
たかがパン切り包丁に7,000円の出費が必要なのか?
いささか躊躇するところですが、包丁なんて、へたすれば一生物です。
しかも毎日使う物。
これまた一日も早く購入すべき逸品でした。
皆さんもぜひぜひ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)