« 2006年2月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年4月10日 (月)

時計 ALESSI FIRENZE

【時計 ALESSI FIRENZE】
僕の場合、壁掛け時計を選ぶ際に迷うポイントは二つ。
部屋の壁面と同化する時計が良いのか?
それとも、その存在感を思い切り主張する時計が良いのか?
そのどちらをも両立させる時計はないものか???
徹底的に探した結果がこれ。
アレッシーのフィレンツェ。
かの巨匠・カスティリオーニが手がけた名作といわれるフィレンツェ・ホワイト。
たしかにカタログ写真を見ているとうっとりとしてしまいます。
表面にガラスもアクリルも入っておらず、文字盤、針がむき出し、素っ裸のその大胆なDesign。
心配していたホコリもさほどたまることなく、今も元気に動いています。
しか〜し!!!
現物を手に取ることなく、選ぶと、失敗する良い例がこれ。
間近で見ると、文字盤の素材があまりにチープ。ペカペカと軽い音がしそうな薄っぺらなABS樹脂製で、
しかも白の壁紙と合わせて、存在感を消そうとしたのに、白のグレードがあまりに違い過ぎ!
文字盤はいわゆるスーパーホワイト。幼い頃使用していた真っ白なセルロイドの下敷きのような感じです。
壁紙の白とは同化しませんでした。
まあ、このDesignで、この値段なら、素材は仕方ありませんね。
遠目で見る分にはカタログ通りの雰囲気が味わえますので、広いお部屋にはバッチリかと。
狭いお部屋に飾るのはやめたほうがよさそうです。
僕はこれを色違いで何色も揃えようと思っていましたが、このシリーズはこれにて打ち止め。
一個あれば十分です。
グレーかブルーあたりなら良かったのかもしれません。
【今回の無駄使い指数/60%】40%のプラス要素はあくまでも「遠目からのDesign」です。Webtokei1

ALESSI FIRENZE壁掛け時計・ホワイト←購入店はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

時計 ALESSI WALTER WAYLE

【時計 ALESSI  WALTER WAYLE】

アレッシーのフィレンツェと同時に購入したのがこちら。
スタルクのDesignによるウォルターウェイル。
これはフィレンツェのカバー無しよりも、さらに凄い!
なんと、時計の本体自体が存在していません。
駆動部に針を直接付けただけのオブジェ!
「壁にかけるだけでアートギャラリー気分を味わえる」とか言われていますが・・・
我が家に来たお客さんで、この存在に気付いた人はまだ一人もいません。
かなり目立つところにかけてあるにもかかわらず、
「これ、何??」の質問すらありません。
存在感、なさすぎです。
しかも・・・
何時だか、わかりません。
ほかの時計で時間を確認後、これを見ると、「ああ、確かに、○時○分なんだ〜」
と関心してしまいます。
たしかに動いています。
でもですね・・・
長針と短針が重なった時、
吾妻橋にあるアサヒビールのオブジェを連想させます。
そうです。う○こです。
これで¥12,000なり。
さてさて、皆さんなら、どうします???
【今回の無駄使い指数/90%】

Webtokei2

ALESSI WALTER WAYLE / 壁掛け時計・グレイモデル←購入店はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スリッパ  バブーシュ

【革製のスリッパ バブーシュ】
革製のスリッパを探していて辿り着いたのが「バブーシュ」
モロッコ製のかかとをつぶしたスリッパです。
たしかに履き心地は最高で、はいているのを忘れてしまうくらい。
文句なしです。履き心地だけは!!
しか〜し!!!
臭いぞ!!
最初に我が家に届いた時、ビックリしました。
噂には聞いていたものの、1階で開封して、その革の匂いが2階まで登っていってしまいました。
これは大変!!と
ラナパーをガンガン塗布しました。
少しは匂いが消えましたが、それでも、強烈!
はいているうちに体温で、革の匂いがぷ〜んと。
お客様用に用意したのに、これでは嫌悪感を与えてしまうのでは???
買ってから一ヶ月くらいはドキドキしていましたが、
今では、普通の革靴程度の匂い。
ようやく落ち着きました。時間が解決してくれました。
そして、匂いが落ち着きますと、まあ、やっぱり、この履き心地は捨てがたい。
耐久性がどんなものか、まだわかりませんが、しばらくは活躍してくれそうです。
今後、これを増やすべきか、正統派の厚底革スリッパを増やすべきか、
悩むところではあります。
1足・¥3,600なり。

【今回の無駄使い指数/30%】Webbabuslippers

←ご購入はこちらをクリック

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年9月 »