« 皆さまにお願いです(^_^;) | トップページ | 【Mac mini】【今回の無駄遣い指数・・・30%】 »

2005年1月29日 (土)

ADC to DVI 変換アダプター【Dr.BottのADC-DVI.Extractor】【今回の無駄遣い指数・・・30%】


マックを使用している人しかわからない。マックを使用している人でもわからないかもしれないこの物体。
単なるディスプレイの変換ケーブルが¥5,770なり。
まるで昔のSCCIケーブルを思い出すふざけた値段設定です。
なぜこんなものを買うはめになったかと言うとですね。
画像処理専門のPCが必要になってきたために、新しいマックを注文したのです。
そして、そのマックと現在使用中の旧シネマディスプレイを繋ぎ、逆にメインマシンの旧マックを現行モデルのシネマディスプレイと繋ぐことにしたわけです。
すると・・・
さすがはマックと言いますか、やっぱりマック!!
ちょっと前のマシンながら互換性がない!!
まるで昔のSONY製品みたいなもので、互換性を持たせるために余分なパーツが必要になってくるわけです。
僕が調べた結果をお伝えしておきましょう。
G5が出る前のG4はディスプレイ出力端子が【ADC】と【VGA】の二つです。そしてその当時発売のシネマディスプレイの接続端子は【ADC】のみで、ADC同士の接続になります。
ところが現行のマック、シネマディスプレイはすべて【DVI】となっております。
そこで現行のマック【DVI】出力端子と旧シネマディスプレイ【ADC】端子を繋ぐ場合、アップル純正部品【DVI-ADCアダプタ】¥11,340が必要になります。
これがなんともバカでかいアダプターで、ビックリします。外付けのHD並みの大きさです。
逆に旧マック【ADC,VGA】出力端子と現行シネマディスプレイ【DVI】端子を繋ぐ場合は、サードパーティ製ですが、【Dr.BottのADC-DVI.Extractor】¥5,770をを使用しなくてはなりません。
という面倒なことになっております。
こんな面倒なマックですが、今回のDVI化で、今後は安定した互換性が期待できるのではないでしょうか。
とりあえずケーブルの準備も整い、明日は新しいマック【Mac-mini】が届きます。ちょっと楽しみなタカヤマです。

|

« 皆さまにお願いです(^_^;) | トップページ | 【Mac mini】【今回の無駄遣い指数・・・30%】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ADC to DVI 変換アダプター【Dr.BottのADC-DVI.Extractor】【今回の無駄遣い指数・・・30%】:

« 皆さまにお願いです(^_^;) | トップページ | 【Mac mini】【今回の無駄遣い指数・・・30%】 »