STORY

お薦めの蕎麦屋/STORY10月号

【STORY10月号】光文社刊

「たまには夫婦でリラックスしたい
週末、蕎麦屋で憩う服」
「新旧注目の蕎麦屋ガイド付き」

蕎麦好きの僕にとってはなんとも魅力的な企画をいただきました。
蕎麦粉の繊細な香りが、パートナーの新たな一面に触れさせてくれるのだとか・・
この中でお薦めは
目黒の「川せみ」
美味い!安い!居心地がいい!
すっかり気に入ってしまいました。
いくら美味い蕎麦屋でも、早じまいはいけません。
その点、この「川せみ」は年中無休で、夜の営業も22時まで。
気の利いたランチメニューもあります。

撮影後の乾いたお蕎麦を試食したにも関わらず、美味い!
これは絶対にいける!
そう確信した僕は、再度、お店を訪ねました。
美味い!美味い!美味い!
本当に美味しかった。
ただ・・・
副編の中澤さん、ごめんなさい!
夫婦でリラックス!という企画の趣旨に反しました。
蕎麦好きのワンパク息子も同伴です。
息子は夫婦の真ん中でジュルジュルと天せいろを満足そうに頬張り、完食!
それはそれで良かったのだと思います。

【STORY10月号】
光文社刊/¥780/発売日・2006年8/1
「たまには夫婦でリラックスしたい 週末、蕎麦屋で憩う服」
著者・山口実花
撮影・高山浩数
編集・中澤淳司

【川せみ】
目黒区下目黒2-17-23
03-3490-5959

Blog911_5_1001

| | コメント (0) | トラックバック (1)

レクサスタイアップ【STORY6月号】

【STORY6月号】光文社刊

Blog_430_3Blog_430_2 Blog_430_1

レクサスタイアップ
「亮子さんが選んだのはレクサスという価値観でした」


トヨタから派生した新ブランド・レクサス。
発売当時から気になっていましたら、
運良くレクサスのタイアップ撮影が!
モデルは玉井亮子さんご夫妻。
亮子さんはもちろんですが、このご主人が素敵〜〜〜!
上司に、先輩に、友達にぜひとも一人欲しいタイプのナイスガイでした。
そして、この素敵なご夫婦と、都内で撮影を終え、
伊豆へ移動。
ご自身ではジャガーを乗り継いでいらっしゃるということで、
レクサスが気に入られたかどうかは、よくわかりません。
ハイブリッド車の宿命となるトランクスペースの狭小さ。
これはちょっと・・・
どなたもご不満かもしれません。
その点を、サルーンカーと思わずに、スポーツカーと割り切ってしまえば、
納得の一台。
それでもちょっと値段が高すぎますかね。
金銭的に余裕のある好事家向きでしょうか!
メルセデスは嫌い!
だからといってセルシオもちょっと・・
ズバリ!そんな人にお薦めです!



【STORY6月号】
光文社刊/¥780/発売日・2006年5/1
レクサスタイアップ
「亮子さんが選んだのはレクサスという価値観でした」
著者・スーザン史子
撮影・高山浩数
編集長・山本由樹
スタイリング・沼田結香
ヘア・メイク・野田智子

撮影協力
【レクサス高輪店】
【天城宏山窯】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

STORY5月号

光文社のSTORY5月号が月初に発売となりました。
今月は分厚いです!広告もてんこ盛り!
こんな時代に元気のある雑紙!内容も充実!
素晴らしいことです。
ところで今回、僕が撮影させていただいたのは
「今日は夫婦でおもてなし」というページです。
被写体はParis生活20年のご夫婦・エッセイストの宇田川悟さんと吉村葉子さんです。
Parisに精通し、だいのParis好きなお二人がナビゲートしてくださったのは神楽坂。
神楽坂のお薦めのお店は必見です。
もちろん吉村葉子さんのご自慢のお料理もさすが!
味も見栄えも一流です。このレシピをもとに自分でも挑戦してみたいところです。
そうそう・・・
その吉村葉子さんの新刊「ラクして得するフランス人 まじめで損する日本人」は傑作です。
フランス人嫌いな僕も、
これを読ませていただいたら、日本人っぽくまじめに生きているのが馬鹿馬鹿しく思えてきました。
もっとラクしましょ、楽!!
フランス人嫌いな方も、ぜひご一読を!ちょっと見方が変わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)