決断の瞬間

【決断の瞬間】プレゼント??セレクトショップ・カノープス

【決断の瞬間】プレゼント??セレクトショップ・カノープス

前にも触れましたが・・・
もう一度!
【じつはしつこい宣伝にはわけがありまして・・・
この単行本の売れ行きが良いと、第二弾が発刊されます。
しかも、こちらのもくろみは、第二弾発刊時に、
写真展&掲載パーソナルの講演会&サイン会なるイベントまでできるかも?!
それゆえ、著者も編集者もADさえも真剣にPRをしています。
売り上げに是非とも貢献ください!】
で・・・

Ketsudan1_2









Ketsudan2_3









僕が公私ともにお世話になっていますセレクトショップ・カノープスでは、
この決断の瞬間を店頭に陳列してくだっているばかりか、
顧客へのプレゼントも!
そしてレビューがあまりにも素晴らしく、ありがたいので、
掲載させていただくことにしました。
僕なんぞの駄文を読まれても、
イメージがわかない人も、これを読んでいただければ、
この本の魅力と必要性がおわかりいただけると思います。
画像を拡大してもなお読みにくいかもしれませんので、
引用させていただきます。

《ことさらこだわり続ける美意識が、揺るぎそうになりました。
僕は小さいながらも店を持ち、おかげさまで日々の晩酌に事欠かない程度にどうにか商いを営んでいます。
しかし、平凡の上にあぐらをかいていては真の人間の成長などありえないのではないか、と考えさせられてしまいました。

必要なのは、「仕事への真摯な取り組み方と情熱、たゆまぬ努力」なのです。
そして、目の前に立ちはだかる難題に対して、その都度、的確な状況判断を計ること。
言わばそれは、「今、自分は何をするべきか、何をしたら最善なのか」を決断する能力。

二度とはない人生だからこそ精一杯、力強く生きてみたい、そう思われませんか?
『決断の瞬間』は、16人の著名人が「そのとき」に必要なもの、リーダーの条件とは何かを熱く語っている本です。
でも僕としては、本書をじっくり読むのではなく、あえて、そこに登場するプロフェッショナルたちの真の姿を「見て」いただきたいのです。
僕の友人である高山浩数さんが撮影を担当している、

珠玉の一冊『決断の瞬間』は、あなたの魂に新風を巻き起こすかもしれません。
新年を飾るにふさわしい一冊です!

どうです??
読んでみたくなりませんか(^^ゞ
おっと・・・
お世話になっておきながら、自分の宣伝ばかり!
セレクトショップ・カノープスはめちゃめちゃモノにうるさいこだわりのセレクトショップです。
僕もこの店でイングランドのWHC(ホワイトハウスコックス)を教わり、すっかりはめられました。
リアル店舗は言うまでもなく、ネット店舗がとにかく素晴らしい。
迅速ていねいはもちろんのこと、隅々まで行き届いた対応。
顔無しネット販売とは思えない、心温まる買い物ができます。
送料は全品無料です。
欠点があるとすれば・・
人気商品は即座に売り切れます!要チェックです。

《取扱ブランド》

DUVETICA(ドゥヴェティカ)
Traditional wetherwear
FIDELITY(フィデリティー)
PUFFA(パッファ)
BARBARIAN(バーバリアン)
DOPE + DRAKKAR(ドープ アンド ドラッカー)
Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)
azzu Label
HERGOPOCH
Spellbound

DMG
Palanco(パランコ)
AIGLE
STEPHEN
koos
Paraboot
Admiral アドミラル スニーカー
   

Special Thanks!!
【セレクトショップ・カノープス】
http://www.rakuten.co.jp/canopus/
http://plaza.rakuten.co.jp/naganocanopus/
有限会社一番星・カノープス/代表取締役・中村智秀
R&R/代表・太田俊司

Img10392465001




購入はこちら


【掲載させていただいた各界のリーダーたち/目次順】
蜷川幸雄(演出家)
羽生善治(棋士)
柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
陳建一(四川飯店代表取締役社長)
中村修二(電子工学博士・カリフォルニア大学教授)
鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
佐渡裕(指揮者)
岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
春風亭小朝(落語家)
奥山清行(自動車デザイナー)
山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
市川団團十郎(歌舞伎)

単行本【決断の瞬間】
社団法人家の光協会刊/¥1,365/発売日・2007年12月1日発売
文・コーディネート・大西展子
撮影・高山浩数
AD・浅葉弾
デザイン・藤沼重人
単行本編集・久保野剛


雑誌/連載「決断の瞬間」掲載一覧
第1回/柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
第2回/錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
第3回/仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
第4回/清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
第5回/陳建一(四川飯店代表取締役社長)
第6回/志村けん(コメディアン)
第7回/岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
第8回/高田延彦(PRIDE統括本部長)
第9回/春風亭小朝(落語家)
第10回/瀬古利彦(ヱスビー食品陸上競技部スポーツ推進局局長)
第11回/山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
第12回/李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
第13回/鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
第14回/林文子(株式会社ダイエー代表取締役会長兼CEO)
第15回/大沢在昌(作家)
第16回/羽生善治(棋士)
第17回/中村修二(電子工学博士・カリフォルニア大学教授)
第18回/寺井尚子(ジャズバイオリニスト)
第19回/吉野伊佐男(吉本興業社長)
第20回/高野進(日本陸連強化委員会男子短距離部長)(6月掲載)
第21回/佐渡裕(指揮者)(7月掲載)
第22回/千宋室(裏千家家元)(8月掲載)
第23回/奥山清行(自動車デザイナー)(9月掲載)
第24回/芦田多恵(ファッションデザイナー)(10月掲載)
第25回/蜷川幸雄(演出家)(11月掲載)
第26回/市川団團十郎(歌舞伎)(12月掲載)
第27回/福島孝徳(脳外科医)(2008年1月掲載)
第28回/武田双雲(書家)(2008年2月掲載)
第29回/黒澤和子(衣装デザイナー)(2008年3月掲載予定)

月刊誌「地上」連載【決断の瞬間】
編集長・佐野裕
編集・山本樹、小瀬村泰人
デザイン・BOLD GRAPHICK Co.

| | コメント (0) | トラックバック (1)

連載【決断の瞬間】単行本、もうすぐ発売!

連載【決断の瞬間】単行本、もうすぐ発売!

_blog071123021 _blog071123022 _blog071123023 _blog071123024 _blog071123025 _blog071123026 _blog071123027 _blog071123028

_blog071123029 _blog071123030 _blog071123031 _blog071123032 _blog071123033 _blog071123034 _blog071123035 _blog071123036 _blog071123037


















前にも触れましたが・・・

もう一度!

【じつはしつこい宣伝にはわけがありまして・・・
この単行本の売れ行きが良いと、第二弾が発刊されます。
しかも、こちらのもくろみは、第二弾発刊時に、
写真展&掲載パーソナルの講演会&サイン会なるイベントまでできるかも?!
それゆえ、著者も編集者もADさえも真剣にPRをしています。
売り上げに是非とも貢献ください!】

で・・・
あらためて、復唱です。
このInformationでも、たまに触れてきましたが、
地上という雑誌で連載中の企画「決断の瞬間」が単行本化されることとなりました。
この企画は著者でもある大西展子さんが、各界のリーダーに長時間インタビューを挑む特別企画。
二年続いたこのインタビューも、すでに三年目に突入しました。
この間、本当に素晴らしい出会いをさせていただきました。

じつはこの雑誌、定期購読のみの販売ゆえ、
読みたくても読めないというご意見が多数、寄せられていました。
そんな皆さんの声に応えての出版!
お待ち下さった皆さま、本当にお待たせしました。

リーダーとしてあるべき決断の瞬間。
彼らがその時、どう思い、どう決断をしたか。
そして得られた結果はどうか。
誰にでもある決断の瞬間。
その瞬間を迎え撃つ際のバイブルになること間違いなしです。

この写真は雑誌掲載時のものですが、
単行本化にあたり、再セレクト、再編集しています。
写真もどうか、忘れずに・・・

第二弾発刊につなげるためにも、ぜひ、発売前の予約!
予約へのご協力、お願いいたします。
僕の手元にはすでに見本誌がありますが、
じつに素晴らしい出来になっています。
ぜひぜひ!よろしく願いいたします!

購入はこちら

【掲載させていただいた各界のリーダーたち/目次順】

蜷川幸雄(演出家)
羽生善治(棋士)
柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
陳建一(四川飯店代表取締役社長)
中村修二(電子工学博士・カリフォルニア大学教授)
鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
佐渡裕(指揮者)
岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
春風亭小朝(落語家)
奥山清行(自動車デザイナー)
山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
市川団團十郎(歌舞伎)

【決断の瞬間】
社団法人家の光協会刊/¥1,365/発売日・2007年12月1日発売予定
文・コーディネート・大西展子
撮影・高山浩数
AD・浅葉弾
デザイン・藤沼重人
単行本編集・久保野剛

編集長・佐野裕
編集・山本樹、小瀬村泰人
デザイン・BOLD GRAPHICK Co.

過去の「決断の瞬間」掲載一覧
掲載一覧
第1回/柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
第2回/錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
第3回/仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
第4回/清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
第5回/陳建一(四川飯店代表取締役社長)
第6回/志村けん(コメディアン)
第7回/岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
第8回/高田延彦(PRIDE統括本部長)
第9回/春風亭小朝(落語家)
第10回/瀬古利彦(ヱスビー食品陸上競技部スポーツ推進局局長)
第11回/山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
第12回/李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
第13回/鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
第14回/林文子(株式会社ダイエー代表取締役会長兼CEO)
第15回/大沢在昌(作家)
第16回/羽生善治(棋士)
第17回/中村修二(電子工学博士・カリフォルニア大学教授)
第18回/寺井尚子(ジャズバイオリニスト)
第19回/吉野伊佐男(吉本興業社長)
第20回/高野進(日本陸連強化委員会男子短距離部長)(6月掲載)
第21回/佐渡裕(指揮者)(7月掲載)
第22回/千宋室(裏千家家元)(8月掲載)
第23回/奥山清行(自動車デザイナー)(9月掲載)
第24回/芦田多恵(ファッションデザイナー)(10月掲載)
第25回/蜷川幸雄(演出家)(11月掲載)
第26回/市川団團十郎(歌舞伎)(12月掲載)
第27回/福島孝徳(脳外科医)(2008年1月掲載予定)
第28回/武田双雲(書家)(2008年2月掲載予定)
第29回/黒澤和子(衣装デザイナー)(2008年3月掲載予定)

| | コメント (33) | トラックバック (0)

地上12月号【決断の瞬間】市川團十郎

地上12月号【決断の瞬間】市川團十郎
_blog071123001_2







もうすぐこの連載の単行本が発売になります。
今回のこの号は、その単行本の最終章を飾る予定の市川團十郎さん。
いやぁ・・・
さすが!
なにもかもが、さまになるお方。
今回、旅先でよく描かれるという街角のスケッチを拝見させていただきましたが、
これがまたいいの、なんの。
その絵を語る團十郎さんの語り口も熱っぽくて素敵でした。
いつもクールな編集者・小瀬村さんも思わずサインをいただいたりして・・
暑い日の撮影にも関わらず、お着物での撮影のご協力、
ありがとうございました。

【地上/GOOD EARTH】
社団法人家の光協会刊/¥650/発売日・毎月1日発行
連載企画「決断の瞬間」
文・コーディネート・大西展子
撮影・高山浩数
編集長・佐野裕
編集・小瀬村泰人
デザイン・BOLD GRAPHICK Co.

過去の「決断の瞬間」掲載一覧

第1回/柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
第2回/錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
第3回/仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
第4回/清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
第5回/陳建一(四川飯店代表取締役社長)
第6回/志村けん(コメディアン)
第7回/岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
第8回/高田延彦(PRIDE統括本部長)
第9回/春風亭小朝(落語家)
第10回/瀬古利彦(ヱスビー食品陸上競技部スポーツ推進局局長)
第11回/山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
第12回/李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
第13回/鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
第14回/林文子(株式会社ダイエー代表取締役会長兼CEO)
第15回/大沢在昌(作家)
第16回/羽生善治(棋士)
第17回/中村修二(電子工学博士・カリフォルニア大学教授)
第18回/寺井尚子(ジャズバイオリニスト)
第19回/吉野伊佐男(吉本興業社長)
第20回/高野進(日本陸連強化委員会男子短距離部長)(6月掲載)
第21回/佐渡裕(指揮者)(7月掲載)
第22回/千宋室(裏千家家元)(8月掲載)
第23回/奥山清行(自動車デザイナー)(9月掲載)
第24回/芦田多恵(ファッションデザイナー)(10月掲載)
第25回/蜷川幸雄(演出家)(11月掲載)
第26回/市川団團十郎(歌舞伎)(12月掲載)
第27回/福島孝徳(脳外科医)(2008年1月掲載予定)
第28回/武田双雲(書家)(2008年2月掲載予定)
第29回/黒澤和子(衣装デザイナー)(2008年3月掲載予定)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連載【決断の瞬間】単行本化決定!12/1発売予定

連載【決断の瞬間】単行本化決定!12/1発売予定
Blog_ketsudan1 Blog_ketsudan2 Blog_ketsudan3 Blog_ketsudan4 Blog_ketsudan5 Blog_ketsudan6











Blog_ketsudan7_2Blog_ketsudan8_2 Blog_ketsudan9Blog_ketsudan11_2 Blog_ketsudan10_2 Blog_ketsudan12 Blog_ketsudan13







Blog_ketsudan14 Blog_ketsudan15









このInformationでも、たまに触れてきましたが、
地上という雑誌で連載中の企画「決断の瞬間」が単行本化されることとなりました。
この企画は著者でもある大西展子さんが、各界のリーダーに長時間インタビューを挑む特別企画。
二年続いたこのインタビューも、すでに三年目に突入しました。
この間、本当に素晴らしい出会いをさせていただきました。

じつはこの雑誌、定期購読のみの販売ゆえ、
読みたくても読めないというご意見が多数、寄せられていました。
そんな皆さんの声に応えての出版!
お待ち下さった皆さま、本当にお待たせしました。

リーダーとしてあるべき決断の瞬間。
彼らがその時、どう思い、どう決断をしたか。
そして得られた結果はどうか。
誰にでもある決断の瞬間。
その瞬間を迎え撃つ際のバイブルになること間違いなしです。

この写真は雑誌掲載時のものですが、
単行本化にあたり、再セレクト、再編集しています。
写真もどうか、忘れずに・・・

第二弾発刊につなげるためにも、ぜひ、発売前の予約!
予約へのご協力、お願いいたします。
僕もノルマを課せられています。
皆さま、ご協力くださ〜い。そして、ぜひ「予約しました」のひと言をこのブログに書き込んでくださいませ。

購入はこちら

【掲載させていただいた各界のリーダーたち/目次順】

蜷川幸雄(演出家)
羽生善治(棋士)
柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
陳建一(四川飯店代表取締役社長)
中村修二(電子工学博士・カリフォルニア大学教授)
鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
佐渡裕(指揮者)
岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
春風亭小朝(落語家)
奥山清行(自動車デザイナー)
山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
市川団團十郎(歌舞伎)

【決断の瞬間】
社団法人家の光協会刊/¥1,365/発売日・2007年12月1日発売予定
文・コーディネート・大西展子
撮影・高山浩数
AD・浅葉弾
デザイン・藤沼重人
単行本編集・久保野剛

編集長・佐野裕
編集・山本樹、小瀬村泰人
デザイン・BOLD GRAPHICK Co.

過去の「決断の瞬間」掲載一覧
掲載一覧
第1回/柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
第2回/錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
第3回/仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
第4回/清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
第5回/陳建一(四川飯店代表取締役社長)
第6回/志村けん(コメディアン)
第7回/岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
第8回/高田延彦(PRIDE統括本部長)
第9回/春風亭小朝(落語家)
第10回/瀬古利彦(ヱスビー食品陸上競技部スポーツ推進局局長)
第11回/山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
第12回/李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
第13回/鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
第14回/林文子(株式会社ダイエー代表取締役会長兼CEO)
第15回/大沢在昌(作家)
第16回/羽生善治(棋士)
第17回/中村修二(電子工学博士・カリフォルニア大学教授)
第18回/寺井尚子(ジャズバイオリニスト)
第19回/吉野伊佐男(吉本興業社長)
第20回/高野進(日本陸連強化委員会男子短距離部長)(6月掲載)
第21回/佐渡裕(指揮者)(7月掲載)
第22回/千宋室(裏千家家元)(8月掲載)
第23回/奥山清行(自動車デザイナー)(9月掲載)
第24回/芦田多恵(ファッションデザイナー)(10月掲載)
第25回/蜷川幸雄(演出家)(11月掲載)
第26回/市川団團十郎(歌舞伎)(12月掲載予定)
第27回/福島孝徳(脳外科医)(2008年1月掲載)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【決断の瞬間/高野進、佐渡裕、千宋室】

【決断の瞬間20回・高野進/地上2007年6月号】
【決断の瞬間21回・佐渡裕/地上2007年7月号】
【決断の瞬間22回・千宋室/地上2007年8月号】

決断の瞬間シリーズ、今回もまた、ためになるお話をたくさんうかがえました。
まとめて三回分!
Blog070608019 Blog070608018 Blog070608009_1  
Blog070608006_1
Blog0700706009_s Blog0700706008_s








【高野進】
過去は過去!
自分にとって都合の良い過去の歴史を語りかねないと思うと、
過去は語りたくない!
なるほど・・・
男・高野進。
現在のまい進あるのみ!
沖縄の陸上競技場で見た高野進准教授はクールに見えても、じつは熱き男。
リーダーとしての条件はズバリ「情熱と使命感」だそうである。

【佐渡裕】
この仕事をしてきて、被写体の方にサインをおねだりしたのは、
この佐渡裕さんで、二人目。20年の歴史のなかで二人目です。
佐渡さんの大ファンである友人のためにサインをお願いしたものの、
一回目の撮影ですっかり魅了されてしまったために、じつは自分の分も欲しかった(^_^;)
そんな僕の気持ちを察してか、「高山さんの分はいいんですか」と。
見透かされている!
気恥ずかしさそっちのけで
「あっ、ぜひ!お願いします!!」とちゃっかり用意してきた佐渡さんの写真に
サインをしていただきました。
それにしても!である。
格好いい!!サドラーと言われるファンの人たちが押しかけるのも頷けます。
コンサート風景を撮影中にしびれっぱなしのタカヤマでした。
《取材協力》
エルメネジルド ゼニア
東京フィルハーモニー交響楽団
東京オペラシティ
文京シビックホール

【千宋室】

さすがは「おもてなし」の達人です。
威厳を保ちつつも、僕らのような無粋な取材者にも笑顔を絶やさない。
おかけ下さる言葉の一言ひとことに気配りを感じる。
相手を嬉しくさせる言葉のマジックに、「技」を感じつつも、
酔いしれてしまう。
時をへだてた二回目の取材時でも、前回のことを忘れずに話題に盛り込んでくる。
そのあいだに、いったいいくつの取材を受けていらっしゃることか・・
僕など、昨日のことすらさだかでないのに(^_^;)
茶道の奥深さを再認識させられる取材となりました。

《取材協力》
株式会社 淡交社/八木歳春 小笠原敏孝

【地上/GOOD EARTH】
社団法人家の光協会刊/¥650/発売日・毎月1日発行
連載企画「決断の瞬間」
文・コーディネート・大西展子
撮影・高山浩数
編集長・佐野裕
編集・小瀬村泰人
デザイン・BOLD GRAPHICK Co.

掲載一覧
第1回/柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
第2回/錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
第3回/仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
第4回/清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
第5回/陳建一(四川飯店代表取締役社長)
第6回/志村けん(コメディアン)
第7回/岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
第8回/高田延彦(PRIDE統括本部長)
第9回/春風亭小朝(落語家)
第10回/瀬古利彦(ヱスビー食品陸上競技部スポーツ推進局局長)
第11回/山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
第12回/李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
第13回/鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
第14回/林文子(株式会社ダイエー代表取締役会長兼CEO)
第15回/大沢在昌(作家)
第16回/羽生善治(棋士)
第17回/中村修二(電子工学博士・カリフォルニア大学教授)
第18回/寺井尚子(ジャズバイオリニスト)
第19回/吉野伊佐男(吉本興業社長)
第20回/高野進(日本陸連強化委員会男子短距離部長)(6月掲載)
第21回/佐渡裕(指揮者)(7月掲載)
第22回/千宋室(裏千家家元)(8月掲載)
第23回/奥山清行(自動車デザイナー)(9月掲載予定)
第24回/芦田多恵(ファッションデザイナー)(10月掲載予定)

《文中敬称略》

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【決断の瞬間17、18,19回】地上3月4月5月号

【決断の瞬間17回・中村修二/地上2007年3月号】
【決断の瞬間18回・寺井尚子/地上2007年4月号】
【決断の瞬間19回・吉野伊佐男/地上2007年5月号】

Blog0409_017jpg_s Blog0409_018jpg_s Blog0409_019jpg_s








このシリーズについては前にも触れましたが、
うっかりしていまして、3回分まとめておこうと思います。
【中村修二】
まずは青色発光ダイオードで有名な中村修二教授。
この博士はダイオードというよりも、
その頑固な発明対価への固執で有名になってしまった感がありますが、
聞けば聞くほど、博士の言い分は正しく思えてきます。
こんなガッツのある研究者ばかりなら、日本ももっと良くなるはずなのに・・
「いくらよい仕事をしても日本ではそれが評価されないんですから、
やる気と能力のある人は海外へ脱出すべきなんです。
やっぱり滅私奉公をやめてサラリーマンもどんどん海外に出ないとなにも変わっていかないですよ」
だそうである。
中村教授の来日講演スケジュールをキャッチしたら、必ずや聞いて欲しい。
感動します。
【寺井尚子】
寺井尚子さんと言えば、ジャズ好きの人なら必ず知っているジャズバイオリニスト。
パワフルなステージ同様、ご本人もエネルギッシュな女性ですが、
そのステージに全精力を傾けるために心がけていることが一つあるんだそうです。
「どんなに忙しくても一日に一回かならず一人になって三十分間お茶を飲む時間を持つこと。
その時だけは誰にも束縛されずに、自分のための時間を過ごすんです」と。
このリフレッシュこそがエネルギーの源なのだそうです。
あらためて、言葉にされてみると、自分にそういう時間があるかどうか疑問がわいてきます。
こんな時代だからこそ、必要かもしれません。
【吉野伊佐男】
カリスマ経営者として有名だった前社長から引き継いだ吉本興業。
その新社長の吉野さんは温厚な「隣のおじさん」風の人でした。
「情の無い経営ってだめだと僕は思う」とおっしゃる通り、情にあふれたお人柄。
しかし、その向こうに見え隠れする熱意と野望はやはりただ者ではないなにかを
感じさせられました。その辺の大企業社長とは違うんですよ、なにかが。
たかが吉本、されど吉本。
ぜひとも頑張っていただきたい経営者のお一人です。

今、裏千家の千宋室家元を追っていますが、これまた凄い!
さすがは「おもてなし」の達人!
この取材の成果は7月号で・・・

【地上/GOOD EARTH】
社団法人家の光協会刊/¥650/発売日・毎月1日発行
連載企画「決断の瞬間」
文・コーディネート・大西展子
撮影・高山浩数
編集長・佐野裕
編集・小瀬村泰人
デザイン・BOLD GRAPHICK Co.

掲載一覧
第1回/柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
第2回/錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
第3回/仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
第4回/清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
第5回/陳建一(四川飯店代表取締役社長)
第6回/志村けん(コメディアン)
第7回/岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
第8回/高田延彦(PRIDE統括本部長)
第9回/春風亭小朝(落語家)
第10回/瀬古利彦(ヱスビー食品陸上競技部スポーツ推進局局長)
第11回/山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
第12回/李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
第13回/鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
第14回/林文子(株式会社ダイエー代表取締役会長兼CEO)
第15回/大沢在昌(作家)
第16回/羽生善治(棋士)
第17回/中村修二(電子工学博士・カリフォルニア大学教授)
第18回/寺井尚子(ジャズバイオリニスト)
第19回/吉野伊佐男(吉本興業社長)
第20回/高野進(日本陸連強化委員会男子短距離部長)(6月掲載予定)
第21回/佐渡裕(指揮者)(7月掲載予定)
第22回/千宋室(裏千家家元)(8月掲載予定)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

決断の瞬間16回・羽生善治/地上2007年2月号

【決断の瞬間16回・羽生善治/地上2007年2月号】

Blog_0126_4 Blog_0126_5 Blog_0126_6






このシリーズについては前にも触れましたが、
今月の被写体は日本一の棋士・羽生善治さんです。
羽生さんの偉業は周知のことと思いますが、
その凄さは、明晰な頭脳と奪取したタイトルの数だけではありません。
普通であることの凄さです。
10年以上前に撮影させていただいた頃と、
まったく変わりのない物腰。そして風貌。
スタンスもまったくかわっておりませんでした。
優しく、穏やか。それでいて、明朗快活、ユーモアたっぷり。
「羽生にらみ」のにの字もありません。
ただし・・
王座戦の局面は凄かった(^_^;)
対戦者が緊張した面持ちで待つ、ピーンと張りつめた対局の和室。
開始ギリギリに登場した羽生さんに笑顔はなく、
僕の記憶する羽生さんとはまったくの別人。
その様子から、さらに緊張を高める対戦者。
自分が押すシャッター音がこんなに気になる場面はなかなかありません。
しかしまた、こんなに撮りたい場面に遭遇することもありません。
羽生さんの一挙手一投足がカッコいい。
どう撮っても絵になる男なのでした。
ただ、気になる点がひとつ。
盤面をにらみながら、ご自分の鼻をブタの鼻のように
下から上へ押し上げたりすることがあります。
これはひょっとして、相手を笑わせて、油断させるため?
そう思ったら、その動きひとつひとつが、すべて計算ずくのような気がしてきました。
なにしろユーモアのある人ですから。
気になって仕方なく、後日・・
インタビュー撮影の際、僕は聞いてみました。
「羽生さん、対局中の一連の動きは、計算された動きなのですか?鼻をブタ鼻にして、
相手を笑わせるとか・・」
「いや〜、そんなことないですよ。なんにも考えてないです。ハハハハハハ」
「羽生にらみ」「羽生マジック」「羽生の頭脳」に並ぶ冠に
「羽生スマイル」を付け加えたい高山でした。

【地上/GOOD EARTH】
社団法人家の光協会刊/¥650/発売日・毎月1日発行
連載企画「決断の瞬間」
文・コーディネート・大西展子
撮影・高山浩数
編集長・佐野裕
編集・小瀬村泰人
デザイン・BOLD GRAPHICK Co.

過去掲載一覧
第1回/柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
第2回/錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
第3回/仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
第4回/清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
第5回/陳建一(四川飯店代表取締役社長)
第6回/志村けん(コメディアン)
第7回/岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
第8回/高田延彦(PRIDE統括本部長)
第9回/春風亭小朝(落語家)
第10回/瀬古利彦(ヱスビー食品陸上競技部スポーツ推進局局長)
第11回/山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
第12回/李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
第13回/鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
第14回/林文子(株式会社ダイエー代表取締役会長兼CEO)
第15回/大沢在昌(作家)
第16回/羽生善治(棋士)
第17回/中村修二(電子工学博士・カリフォルニア大学教授)(3月掲載予定)
第18回/寺井尚子(ジャズバイオリニスト)(4月掲載予定)

※この取材時、将棋会館で購入した子供用の将棋盤は我が家で大活躍。
将棋の駒にその動きが矢印で表記されているので、簡単に覚えられます。
5歳の息子に攻められ、てんてこまいの父親もどうかと思いますが(^_^;)
ありがたい将棋盤です。これで将棋を覚えた息子はチェスもすぐに覚えてくれました。
絶対にお薦めです。

↑■NEWスタディ将棋¥2,730
将棋会館ではこの値段ですが、楽天で調べましたら、もっと安く入手できるところがありました。
¥2,173で、木製の折畳み式将棋盤と駒付き。盤を二つにたためば、その中に駒の箱が収納できる優れものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

決断の瞬間

【決断の瞬間】
Blog1121_1001
Blog1121_1002
Blog1121_1003

Blog1121_1004


Blog1121_1005
Blog1121_1006

Blog1121_1007



Blog1121_1008

Blog1121_1009

Blog1121_1010
Blog1121_1011
Blog1121_1012





Blog1121_1013





2005年の11月号からスタートした連載企画「決断の瞬間」
僕はこの撮影にこの一年間、力を注いできました。
この企画はいずれ一冊の本としてまとめられる予定なので、
内緒にしておきたかったのですが、扉ページを並べてみたい!
この一年の総括をしてみたい!
そう思ってスキャンを始めたら、アップしたい思いを止められませんでした。
そんな思いは僕だけではありません。
立案者のコーディネート&執筆の大西展子さんをはじめ、
編集長、担当編集者一眼となって取り組んでいます。
ラインナップの凄さもさることながら、そのインタビュー内容は圧巻です。
決断の瞬間というタイトルになっていますが、我々の裏タイトルは
「リーダー論」
つまりは、その道のリーダーとしてのあるべき姿を問うています。
第一回の柳本監督の一言
「リーダーというのは結果を出すためにはやるべきことはすべてやらないといけない。
ぼくは、この選手がチームに必要だと思ったら土下座してでも来てもらいますよ」
春風亭小朝師匠はこうも言います。
「まちがったと思ったらすぐに引き返す勇気を持つこと。
そこで見栄や意地を張ると犠牲者が多くなりますから。
そしてリーダーたる者は結果を出さなきゃぜったいにダメ。
結果があるからみんながついてくるんです」と。
このインタビュー記事を読み返していると、どれもこれも頷くことばかり。
しかし、またどれもこれも、自分にはできていないことばかりなのです。
どなたのご発言も名言ばかり。
取材数が20を越えれば、まとまったかたちになるかと思います。
その際はただちに報告させていただきますので、どうかご期待ください。
ほんとに凄いです。
因みに、次回の発売は12/1・1月号(大沢在昌さん)です。

掲載一覧
第1回/柳本晶一(バレーボール全日本女子監督)
第2回/錣山矩幸(錣山部屋親方、元関脇寺尾)
第3回/仲代達矢(俳優・無名塾主宰)
第4回/清宮克幸(早稲田ラグビー蹴球部監督)
第5回/陳建一(四川飯店代表取締役社長)
第6回/志村けん(コメディアン)
第7回/岡野雅行(岡野工業株式会社 代表社員)
第8回/高田延彦(PRIDE統括本部長)
第9回/春風亭小朝(落語家)
第10回/瀬古利彦(ヱスビー食品陸上競技部スポーツ推進局局長)
第11回/山下泰裕(国際柔道連盟理事・東海大学教授)
第12回/李鳳宇(映画プロデューサー・シネカノン代表)
第13回/鈴木亜久里(スーパーアグリF1チーム代表)
第14回/林文子(株式会社ダイエー代表取締役会長兼CEO)
第15回/大沢在昌(作家)
第16回/羽生善治(棋士)

【地上/GOOD EARTH】
社団法人家の光協会刊/¥650/発売日・毎月1日発行
連載企画「決断の瞬間」
文・コーディネート・大西展子
撮影・高山浩数
編集長・佐野裕
編集・山本樹、小瀬村泰人
デザイン・BOLD GRAPHICK Co.

| | コメント (0) | トラックバック (0)