« 【記憶に残るあの街、この路地~向島/月刊文藝春秋6月号/大和ハウス工業】 | トップページ | 【高山浩数Reminiscence...写真展終了の御礼】 »

【HERS】小さなお遣い~小野照崎神社/6月号/光文社刊

【HERS】小さなお遣い~小野照崎神社/6月号/光文社刊
Blog080602_0011_2 Blog080602_0012








5月号で好評でした「小さなお遣い」が
6月号より連載企画となりました。
神社グッズコレクターでもある斎藤理利亜さんと神社を訪ねるこの企画。
面白いです。
何気なく見過ごし、買い過ごしている神社グッズにも、
さまざまなストーリーがあります。
そして和光で貴金属を扱ってきた目利きの齋藤理利亜さんに薦められてしまうと、
とびっきりの付加価値がつきます。
ありがたや~ありがたや~~~
伊勢や奈良の神社や寺の取材が多くなってきて
「神社カメラマン?」とまで言われはじめたタカヤマは
なにやら血が騒いでいます。

さて、今回6月号、第一回目は
東京、入谷の小野照崎神社。
そして、輝かしい第一回目のお遣いは
「蛇土鈴」
ちなみに「へびどれい」と読むそうです。
この蛇土鈴は、毎年行われる「お山開き」(6/30〜7/1)の二日間にのみ授与されるというありがたきもの。
水神様のお遣いと言われる蛇の鈴をいただけば、身も心も清らかになるかもしれません。
次号は岡山の吉備津神社です。
ご期待ください。

【HERS/6月号】
光文社刊/¥950/発売日・毎月12日発売
「小さなお遣い」入谷・小野照崎神社
文・齋藤理利亜
撮影・高山浩数
編集・小早川徳治
SpecialThanks
小野照崎神社
(敬称略)

第0回(2008年5月号)/奈良/法華寺、手向山八幡宮
第1回(2008年6月号)/入谷・小野照崎神社
以上、掲載済み
第2回(2008年7月号)/岡山・吉備津神社
第3回(2008年8月号)/堺・方違神社
第4回(2008年9月号)/
以上、掲載予定

|

« 【記憶に残るあの街、この路地~向島/月刊文藝春秋6月号/大和ハウス工業】 | トップページ | 【高山浩数Reminiscence...写真展終了の御礼】 »

HERS」カテゴリの記事

掲載情報」カテゴリの記事

神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163072/41405687

この記事へのトラックバック一覧です: 【HERS】小さなお遣い~小野照崎神社/6月号/光文社刊:

« 【記憶に残るあの街、この路地~向島/月刊文藝春秋6月号/大和ハウス工業】 | トップページ | 【高山浩数Reminiscence...写真展終了の御礼】 »