« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の4件の記事

【Sports Graphic Number700号記念号・4/10(700)号/No.1アスリートの武器】

【Sports Graphic Number700号記念号・4/10(700)号/No.1アスリートの武器】
Blog0804_0024 Blog0804_0025 Blog0804_0026







僕が尊敬してやまない松尾秀助さんが創刊した「Sports Graphic Number」も700号になったのですねぇ・・
歳をとるものです。
その700号記念は「特別な一日」と題したノンフィクション特集です。
そして・・
昨年、パースで撮影したライフセーバーの植木将人選手が「No.1アスリートの武器」で取り上げられました。
本業は教師であるにも関わらず、昨年のオーストラリア、日本の両大会でメダルを獲得。
今やビーチフラッグスと言えば、この植木将人選手です。
それにしてもこの素晴らしい肉体!無駄な肉は一切ついておりません。
鏡に映るメタボ化した自分の姿・・・
あらためて反省です。

三洋物産と言えば、男子諸君はご存知、パチンコの名機・海物語を製造している会社です。
その三洋物産が全面的にサポートしているのが日本のライフセーバー。
運悪く、海物語にだいじな資金を持っていかれても、こんな豆知識がインプットされていれば、
多少の損失ご立腹は抑えられませんか??

三洋物産OfficialSite
http://www.sanyobussan.co.jp/index.html
のInformationより、下記をクリックされますと、Number掲載外の写真もご覧になれます。
こちらもぜひご覧ください。


2007.5.9
SANYO×JLAスペシャルサイト
全豪選手権大会情報公開

【Sports Graphic Number・4/10(700)号】
文藝春秋刊/¥600/発売日・3/19
「No.1アスリートの武器」植木将人
文・小堀隆司
編集・角田いつき、杉下一浩、野田健介
撮影・高山浩数
Special Thanks(敬称略)
株式会社三洋物産
http://www.sanyobussan.co.jp/index.html
日本ライフセービング協会
株式会社電通/姜通明、豊田健太郎
株式会社セイムトゥー/小渕智一

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【HERS】創刊号4月号/光文社刊/オープンカーで別荘探し

【HERS】創刊号4月号/光文社刊/オープンカーで別荘探し
Blog0804_0014 Blog0804_0015 Blog0804_0017 Blog0804_0016 Blog0804_0019 Blog0804_0018









光文社から新雑誌が創刊となりました。
STORYの上の年齢層をターゲットにした婦人誌といったところでしょうか。
家庭画報や婦人画報よりも軽やかに、スタイリッシュに・・
それでいて内容は濃く!
STORYが40代をターゲットにしていたわけですから、
こちらは50代がターゲット?と思いきや・・
コアな年齢層は40代のようです。
50を超えてしまったからって、ばあさん雑誌を手にとるのはやめましょう。
これからはこれです!
タカヤマの担当は「オープンカーで別荘探し」
毎回、素敵なご夫婦に売り出し中のお薦め別荘を見ていただく企画です。
車は必ずオープンカー。視界が広いから周辺の環境がバッチリ見える!という狙いだそうです。
初回は、伊豆。
あるものですね~、けっこう良きものが、手頃なお値段で・・・
もちろん手は出ませんけど・・
今後もお楽しみに~~

【HERS/創刊号(4月号)】
光文社刊/¥950/発売日・毎月12日発売

「オープンカーで別荘探し」
文・スーザン史子
撮影・高山浩数
ヘアメイク・後田
編集・小早川徳治
SpecialThanks
横川敏男、横川緑ご夫妻
ロイヤルリゾート株式会社熱海駅前店/0120-81-6186
リゾートソリューション株式会社リゾート事業部/0120-194-338
フィアットグループ オートモビルズジャパン/0120-779-159
(敬称略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【未来を照らすVol.24/浜松城/週刊新潮・文春3/13号・中央公論4月号】

【未来を照らすVol.24/浜松城/週刊新潮・文春3/13号・中央公論4月号】
Blog0804_0011 Blog0804_0013 Blog0804_0012









日本全国へ電源供給をし続けているJ-POWER(電源開発株式会社)
この電源開発の電力を役立て、ライトアップを行っている日本各地の文化遺産を訪ねるこの企画。

今年度の第12回(Vol.24)は静岡の浜松城(浜松市指定文化財)です。
出世城と言われたこの城も、明治初期に破却されてしまいましたが、
昭和33年に天守閣が再建され、現在に至ります。
とてもコンパクトなお城ですが、
春には夜桜とともにライトアップされ、なかなかの見応えです。
掲載は毎月、上旬の週刊新潮と週刊文春に同時掲載となります。
次回は伊勢神宮・内宮の宇治橋です。

【未来を照らすVol.24/浜松城/週刊新潮・文春3/13号・中央公論2008/4月号】
新潮社・文藝春秋刊/¥320/発売日・3/6
電源開発タイアップ【未来を照らすVol.24/浜松城】
文・松尾秀助
編集・田中秀典(クレッセント)
撮影・高山浩数
デザイン・田中秀典(クレッセント)

ライトアップラインナップ
4月/Vol.13・愛知・犬山城
5月/Vol.14・長崎・眼鏡橋
6月/Vol.15・高知・高知城
7月/Vol.16・札幌・北海道庁旧本庁舎
8月/Vol.17・新潟・萬代橋
9月/Vol.18・奈良・興福寺
10月/Vol.19・熊本・熊本城
11月/Vol.20・宮城・瑞巌寺五大堂
12月/Vol.21・福島・大内宿
1月/Vol.22・長野・善光寺
2月/Vol.23・栃木・カトリック松が峰教会
3月/Vol.24・静岡・浜松城
以上掲載済み。

今後の掲載ラインナップ
4月/Vol.25・三重・伊勢神宮宇治橋(撮影済み)
5月/Vol.26・岡山・高梁市立吹屋小学校(撮影済み)
6月/Vol.27・秋田・小坂鉱山事務所(未撮)
7月/Vol.28・新潟・乙宝寺(未撮)
8月/Vol.29・沖縄・竹富島・旧与那国家住宅(未撮)
9月/Vol.30・北海道・小樽運河(未撮)
10月/Vol.31・福島・一ノ戸橋梁(未撮)
11月/Vol.32・福岡・筑後川昇開橋(未撮)
12月/Vol.33・愛知・名古屋城(未撮)
1月/Vol.34・長崎・大浦天主堂(未撮)
2月/Vol.35・和歌山・総本山金剛峯寺・大門(未撮)
3月/Vol.36・岩手・旧盛岡高等農林学校本館(未撮)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【私とお伊勢さん/月刊文藝春秋4月号/村山由佳】

【私とお伊勢さん/月刊文藝春秋4月号/村山由佳】
Blog0804_bung3 Blog0804_bung4






《今、伊勢は平成25年の式年遷宮に向けて、着々と準備を進めています。
その関連企画として、JR東海提供のもと、月刊文藝春秋に
「私とお伊勢さん」という企画を連載中です》

2月号から続いた作家・村山由佳さんのお伊勢参り、最終回です。
今回は多賀宮での撮影です。
村山さんもお気に召したようですが、ここは僕もお気に入りのお宮です。
ただし、高い!石段百段!
ちょっと疲れます。
ですが、その登った先には気持ちよい第一別宮。
気に入ってもらえると思います。

神宮に行ったことがある人も、ない人も、
今年はぜひ、お伊勢参りに行ってみてください。
きっといいことがあると思います。
伊勢への旅・詳細はこちら

【月刊文藝春秋2008年3月号】
文藝春秋刊/¥710/発売日・毎月10日
JR東海タイアップ【私とお伊勢さん】
文・村山由佳
編集・中村美代子
撮影・高山浩数
デザイン・田中秀典(クレッセント)
Special Thanks(敬称略)
東海旅客鉄道株式会社・広報室/重田洋・松本洋平
株式会社ジェイアール東海エージェンシー・媒体部/松本直子
取材協力
神宮司庁広報室
住所 〒516-0023 三重県伊勢市宇治館町1
電話(代表) 0596-24-1111

※2006年の2月号から毎月連載中のこの企画は、
伊勢神宮に興味、ご関心のある作家さんと伊勢を訪ね、
伊勢志摩、伊勢神宮の魅力を存分に語っていただいております。
第1回(月刊文藝春秋2006年2月号/山本一力氏(伊勢神宮・内宮・御正宮)
第2回(月刊文藝春秋2006年3月号/山本一力氏(赤福本店)
第3回(月刊文藝春秋2006年4月号/山本一力氏(伊勢神宮・外宮・神楽殿)
第4回(月刊文藝春秋2006年5月号/夢枕獏氏(船参宮)
第5回(月刊文藝春秋2006年6月号/夢枕獏氏(伊勢神宮・内宮・風日祈宮橋)
第6回(月刊文藝春秋2006年7月号/夢枕獏氏(猿田彦神社)
第7回(月刊文藝春秋2006年8月号/津本陽氏(伊勢神宮・内宮・五十鈴川御手洗場)
第8回(月刊文藝春秋2006年9月号/津本陽氏(志摩観光ホテル)
第9回(月刊文藝春秋2006年10月号/津本陽氏(皇大神宮別宮・伊雑宮)
第10回(月刊文藝春秋2006年11月号/海老沢泰久氏(斎宮跡)
第11回(月刊文藝春秋2006年12月号/海老沢泰久氏(朝熊山・金剛證寺)
第12回(月刊文藝春秋2007年1月号)/海老沢泰久氏(伊勢神宮・内宮・宇治橋鳥居)
第13回(月刊文藝春秋2007年2月号)/林真理子氏(伊勢神宮・外宮・御正宮)
第14回(月刊文藝春秋2007年3月号)/林真理子氏(古市・麻吉旅館)
第15回(月刊文藝春秋2007年4月号掲載予定)/林真理子氏(別宮・月夜見宮)
第16回(月刊文藝春秋2007年5月号掲載予定)/藤原正彦氏(御塩殿神社)
第17回(月刊文藝春秋2007年6月号掲載予定)/藤原正彦氏(内宮・神楽殿)
第18回(月刊文藝春秋2007年7月号掲載予定)/藤原正彦氏(五十鈴茶屋)
第19回(月刊文藝春秋2007年8月号掲載予定)/角田光代氏(外宮・勾玉池)
第20回(月刊文藝春秋2007年9月号掲載予定)/角田光代氏(おかげ横丁・いせふく)
第21回(月刊文藝春秋2007年10月号掲載予定)/角田光代氏(倭姫宮)
第22回(月刊文藝春秋2007年11月号掲載予定)/浅田次郎氏(賓日館)
第23回(月刊文藝春秋2007年12月号掲載予定)/浅田次郎氏(河崎商人館)
第24回(月刊文藝春秋2008年1月号掲載予定)/浅田次郎氏(内宮・荒祭宮)
第25回(月刊文藝春秋2008年2月号掲載予定)/村山由佳氏(内宮・神馬)
第26回(月刊文藝春秋2008年3月号掲載予定)/村山由佳氏(農業館)
第27回(月刊文藝春秋2008年4月号掲載予定)/村山由佳氏(外宮・多賀宮)
以上掲載済み
第28回(月刊文藝春秋2008年5月号掲載予定)/藤田宜永氏(別宮・瀧原宮)
第29回(月刊文藝春秋2008年6月号掲載予定)/藤田宜永氏(夫婦岩)
第30回(月刊文藝春秋2008年7月号掲載予定)/藤田宜永氏(外宮・新御敷地)
第31回(月刊文藝春秋2008年8月号掲載予定)/平岩弓枝氏()
第32回(月刊文藝春秋2008年9月号掲載予定)/平岩弓枝氏()
第33回(月刊文藝春秋2008年10月号掲載予定)/平岩弓枝氏()
第34回(月刊文藝春秋2008年11月号掲載予定)/重松清氏()
第35回(月刊文藝春秋2008年12月号掲載予定)/重松清氏()
第36回(月刊文藝春秋2009年1月号掲載予定)/重松清氏()
以上、次号以降掲載予定

いずれも伊勢志摩、伊勢神宮にまつわる楽しいエッセイの数々。
伊勢志摩の旅へ誘う玉稿です。
ぜひご一読ください。

なお、僕はこのエッセイに付随する写真を撮影させていただいておりますが、
伊勢の風景描写を主体としております関係で、
被写体の先生方の写り込み比率を控えめにしております。
著名な先生方を相手に、「できるだけ人物を小さく!」撮影するという贅沢な撮影。
先生方には申し訳ありませんが、「風景の一部」の「彩り」として、
これからもご協力お願い申し上げる次第です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »