« 本Siteのリニューアルがほぼ終わりました。 | トップページ | 連載【決断の瞬間】単行本化決定!12/1発売予定 »

【インターナショナルライフセービングCUP2007/Sports Graphic Number10/25(689)号】

【インターナショナルライフセービングCUP2007/Sports Graphic Number10/25(689)号】

Blog071014038

Blog071014039Blog071014041_2 Blog071014040   








Blog071014043Blog071014042Blog071014044

今年の3月に開催されたライフセービングの全豪選手権では、あまりふるわなかった日本勢ですが、今回の大会では頑張りました。
場所は湘南、西浜。
結果は総合3位。
ビーチフラッグスでは、植木将人選手が世界王者のサイモン・ハリスを打ち負かし、
優勝!
レスキューチューブレスキューでも女子チーム(鈴木郁蘭、稲垣裕美、中曽根麻世)が優勝。
同レースで男子も銀メダルを獲得。
自国開催とは言っても、ご存知、湘南エリア。
あのへちゃ波のビーチで、有利も不利もありません。
この半年で力をつけたのでしょう。
印象的だったのは中曽根麻世選手。大会前日の練習時から風邪をひいている様子。
「大丈夫です、なんとか乗り切ります」なんて言ってくれましたが、
どう見たって、最悪のコンディション。
普通のひとならベッドで水枕って感じの状態です。
日本の海も、こんな素晴らしい選手たちに見守られているなら、ちょっと安心です。
海外、とくにオーストラリアなどでは絶大な人気を誇るライフセーバー。
日本でも、もっと多くの人に応援してもらいたいスポーツです。

【日本代表出場選手】
林昌広、長竹康介、堀部雄大、植木将人、井口明彦、
中曽根麻世、鈴木郁蘭、山口公子、稲垣裕美、伊藤彩香

そうそう、前回の全豪選手権でも同じことを書きましたが、もう一度!
三洋物産と言えば、男子諸君はご存知、パチンコの名機・海物語を製造している会社です。
その三洋物産が全面的にサポートしているのが日本のライフセーバー。
運悪く、海物語にだいじな資金を持っていかれても、こんな豆知識がインプットされていれば、
多少の損失ご立腹は抑えられませんか??

三洋物産OfficialSite
http://www.sanyobussan.co.jp/index.html
のInformationより、下記をクリックされますと、全豪選手権のNumber掲載外の写真もご覧になれます。
こちらもぜひご覧ください。

2007.5.9
SANYO×JLAスペシャルサイト
全豪選手権大会情報公開

【Sports Graphic Number・10/25(689)号】
文藝春秋刊/¥530/発売日・10/11
株式会社三洋物産タイアップ【インターナショナルライフセービングCUP2007】
文・小堀隆司
編集・角田いつき、野田健介
撮影・高山浩数
Special Thanks(敬称略)
株式会社三洋物産
http://www.sanyobussan.co.jp/index.html
日本ライフセービング協会
株式会社電通/姜通明、豊田健太郎
株式会社セイムトゥー/小渕智一


|

« 本Siteのリニューアルがほぼ終わりました。 | トップページ | 連載【決断の瞬間】単行本化決定!12/1発売予定 »

Number」カテゴリの記事

掲載情報」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163072/16759927

この記事へのトラックバック一覧です: 【インターナショナルライフセービングCUP2007/Sports Graphic Number10/25(689)号】:

« 本Siteのリニューアルがほぼ終わりました。 | トップページ | 連載【決断の瞬間】単行本化決定!12/1発売予定 »