« 【私とお伊勢さん/月刊文藝春秋12月号】 | トップページ | 100inchスクリーン要りませんか?? »

【知られざるラーメン大国「山形」を食い尽くす/週刊文春12/14日号】

【知られざるラーメン大国「山形」を食い尽くす/週刊文春12/14日号】
Blog_1209_3 Blog_1209_2 Blog_1209_1









先月、この山形ラーメンの小特集のため、
山形へ二回ほど撮影に行っておりました。
【こんなに旨いラーメンが山形にあるなんて!!!】
旨いの、なんの!!
いわゆる節系のダシをふんだんに利かせていながら、
あえてその臭みを相殺するために、
これまたふんだんに使用される動物系のダシ。
この両雄がせめぎ合って、創り出されるスープは絶品!のひと言。
東京のラーメン屋さん、東京のラーメン通には申し訳ありませんが、
仰々しい説明も無しに、さらりとこんな凄いものを創り、
とくにありがたみも感じずに日常的にあっさり、
ふらりとやってくる山形の常連さんのこの在り方。
ただごとではありません。
うるさがたがひしめく東京あたりで、こんな店が
ほっとかれるわけはありません。
なのに、ここ山形の名店たちは
今日も静かに手打ち麺を打ち、
ありがたすぎる絶品スープを惜しげもなく創っているのです。
材料費が安く、水がいいなどなど、好条件が揃っているとは言え、
その研究心は奥深い。
そのくせ、鼻息は荒くなく、耳障りなうんちくなどまったくなし。
あるのはただ一つ!
「ラーメンへかけるひたむきな愛情」
聞くところによると喜多方ラーメンのルーツは山形のラーメンだとか。
全国区になってしまった喜多方のそのラーメンより、
はるかに奥深い味を感じるのは僕だけでしょうか。
この幸せな山形ラーメン取材から帰京した僕は、
今もその後味を想い出し、幸せな気分にひたっています。
足回りの悪い山形ゆえ、ラーメンだけのためには行けないでしょう。
ですが、スキーのついで。温泉旅行のついでに、
かならず一軒は行ってみたいところです。
いや、二軒か。
誌面に優劣は付いておりませんので、僕の独断でベスト5をランキング。

1.酒田ラーメン/新月
2.米沢ラーメン/ひらま
3.山形ラーメン/ほんわか
4.酒田ラーメン/三日月軒
5.山形ラーメン/栄屋本店

以上です。
形式的に順位をつけてみましたが、1〜4位までは甲乙つけがたいのです。
できれば4軒まとめてハシゴ!毎日、毎食でも食べたいところです。
いや、ほんとなのです。
東京で、これと同じもの、それ以上のラーメンが
食べられるところがあったら教えてほしいです。
誰か教えてくださ〜い。
飲食店の取材で、こんなに興奮したのは久々です。
同行されたライターの加賀さんも、いつも以上にエキサイト。
声が裏返ってました(^_^;)
スープに脂分が少ないためか、湯気が出るのはほんの一瞬。
撮影には苦労しましたが、写真で出せなかったシズル感はこの
本文にて補足ということで・・(言い訳)
ちなみに
全国外食支出部門「中華そば」ランキングで、
ダントツの一位は山形市だそうです。

【週刊文春12/14日号】
文藝春秋刊/¥320/発売日・12/7
グラビア【知られざるラーメン大国「山形」を食い尽くす】
文・加賀美智子
編集・中村雄亮
撮影・高山浩数

Blog_1209_4_1




【取材協力店舗一覧】
◆山形ラーメン
麺屋 ほんわか/山形市若宮1-8-9/023-685-8847
栄屋本店/山形市本町2-3-21/023-623-0766
◆米沢ラーメン
そばの店 ひらま/米沢市大字浅川1314-16/0238-37-2083
山大前 やまとや/米沢市城南3-3-33/0238-23-3012
◆酒田ラーメン
手打ち中華麺処 三日月軒 東中の口店/酒田市東中の口町8-1/0234-22-7616
新月/酒田市こあら2-6-3/0234-26-0141
◆新庄ラーメン
梅屋/新庄市千門町3-16/0233-22-3910
一茶庵本店/新庄市沖の町4-8/0233-22-4157


|

« 【私とお伊勢さん/月刊文藝春秋12月号】 | トップページ | 100inchスクリーン要りませんか?? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

掲載情報」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

週刊文春」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/163072/12990085

この記事へのトラックバック一覧です: 【知られざるラーメン大国「山形」を食い尽くす/週刊文春12/14日号】:

« 【私とお伊勢さん/月刊文藝春秋12月号】 | トップページ | 100inchスクリーン要りませんか?? »