« 更新のお知らせ2 | トップページ | 【松居一代の超(スーパー)おそうじ術】(主婦と生活社刊)続き »

更新のお知らせ1

本業の撮影とはまったく関係ありません(^_^;)

僕が【落書き帳】で映画に関してコメントしているためか、
僕の映画を観るお道具に関してのお問い合わせが何件かありましたので、profileのページで、そのオーディオ機器一覧をアップしておきました。
これは「自戒」の意味も含めておりますが、「次回」購入の際のガイドラインとしても役にたちそうです(^_^;)

このところ、機器の不具合もないため、とくに入れ替えもしておりませんので、今や、たいした機器ではないのですが、
参考になりますでしょうか。

80inchの吊り下げタイプのスクリーンから始めた僕のシアターライフですが、その当時はワーナーパイオニアのDVDがかろうじて充実していたくらいで、メジャータイトルは出そろっていませんでした。
それでも5.1チャンネルのサラウンド効果が体感したくて、観たくもないソフトを仕方なく買っていたあの頃を思い出します。
BOSEの5.1チャンネルオールインワンタイプを買ったものの、センタースピーカーがあまりにチャチなために、
肝心のセリフの臨場感が乏しく、NHTのスーパーセンターに変更。これまた失敗。
それならばと、JBLのどでかいS3HCを購入。
さすがにいい音になりました。
しかしながら、今度はその両脇が力不足。
そこでピュアオーディオ用に使用していたJBLのモニタースピーカーをつないでみたら、これで決着。
こうして僕のピュアオーディオ機器の地位は格下げとなりましたが、
最近、思うのは、今や、ピュアオーディオの世界は素人には不要。
AVオーディオが、進歩して低価格化していますから、音楽を聞くために買う小型アンプにしても、AV用の5.1チャンネルパッケージを買ったほうがよっぽどお得で、音も良く感じられると思います。
テレビにもPCにも、寝室のミニコンポにも、家中の音が出る機器はすべて5.1チャンネル化をはかりたいくらいです。

|

« 更新のお知らせ2 | トップページ | 【松居一代の超(スーパー)おそうじ術】(主婦と生活社刊)続き »

INFORMATION」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 更新のお知らせ1:

« 更新のお知らせ2 | トップページ | 【松居一代の超(スーパー)おそうじ術】(主婦と生活社刊)続き »